translate

SvelteKit + Vercel でサイトをリニューアルした話
2022年 1月 5日

こんにちは。Svelte いいですよね。

このサイトは Svelte + ConoHa で作っていたのですが SvelteKit + Vercel でリニューアルしました。

なぜ Svelte + ConoHa をやめたのか

理由はひとつです。ConoHa の CentOS7 で SvelteKit が動かなかったから。以上。

Svelte にも ConoHa にも不満はありませんでしたが、いかんせんもう CentOS7 が古い。そして CentOS がちょっと自分には合わなくなってきたので、いい機会なので乗り換えました。

CentOS7 に色々インストールしてやっていってもよかったんですが、ちょっとそのモチベーションはもうありませんでした。サーバをイジイジするの、好きだったんですが。

SvelteKit + Vercel でリニューアル

SvelteKit

for me

  • やっぱり軽い
  • 今まで Express.js + Svelte + Page.js でルーティングとSSRしていたので、びっくりするほど開発が簡単になった
  • ようやく手に入れたファイルシステムベースのルーティング
  • adapter という概念でデプロイする形式をサクッと変更できる
  • sveltekit:prefetch が素敵
  • [slug].json.ts が素敵
  • TypeScript で書く意義が増えた

not for me

  • adapter の説明が少なすぎる
  • 別の module との相性が悪かったりする
  • load function がややこしい

Vercel

for me

  • 色々言われているだけあって早い。サイトのパフォーマンスが向上
  • 基本的にブランチ連携するだけ簡単
  • domain 設定も楽ちん
  • わかりやすい UI

not for me

  • VPS と違って、サーバに色々インストール出来るわけではない
  • Vercel 上では動かない Node.js の module があった
  • Firebase が動かないなどの issue も上がっており、まだまだこれから感がある
  • 無料プランがどこまでやれるのかの懸念

おわりに

いろいろあげましたが、作ってて楽しい技術でしたので、素晴らしいフレームワークだと思います。